研究開発実施体制

海底鉱物資源関連産業の海外進出に資する諸制度等の研究
横浜国立大学 都市イノベーション研究院 統合的海洋管理学研究拠点
研究代表者:中村由行 教授

  • 松田 裕之 (教授)環境リスク
  • 椛島 洋美 (教授) 政治学
  • 吉田 公一 (客員教授) 国際海事
  • 小林 誉明 (准教授)国際関係論
  • 青木 望美 (特任教員・講師)国際法
  • 柴田 由紀枝 プロジェクトコーディネーター
  • 中原 裕幸  海洋産業研究会 理事 海洋政策
  • 加々美 康彦 中部大学 教授 海洋法
  • 加藤 雅俊  立命館大学 准教授 政治学
  • 横浜市立大学
    国連海洋法条約におけるISO規格の位置づけとその諸国への影響 
    (主たる支援研究者:瀬田 真 准教授)
  • 海上保安大学校
    大陸棚・深海底での資源開発及び海洋環境保護に係る既存法令整理に関する研究開発
    (主たる支援研究者:下山 憲二 准教授)
  • 広島大学
    太平洋島嶼国の海底鉱物資源開発関連法制度の現状と課題
    (主たる支援研究者:掛江 朋子 准教授)
  • 東京海洋大学
    諸外国の深海底に関する法律・ソフトローと開発規則案の関係の考察を通じた課題の抽出
    (主たる支援研究者:中田 達也 准教授)

このプロジェクトでは、従来、海底資源探査の分野に関わってきた理工系の研究者に加え、国際関係論、国際法学などの社会科学系の専門家も参加し、総合的な視点からの検討を行います。